ハワイ旅行はいつ行けるのか?コロナの影響は?

ハワイ旅じたく
スポンサーリンク

Aloha🌈
5月のハワイ旅行延期から、早4ヶ月。

ハワイに行けることをモチベーションに、毎日コロナに気をつけながら、仕事に頑張っています。
9月にハワイ旅行を延期してたのですが、今回は9月の旅行も延期に😭

今回は、その経緯についてお話しします。
これからハワイ旅行を考えておられる方は、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

2020年夏 7・8月ハワイの現状

アメリカでのDEAN&DELUCAJ.CREWなどのアメリカ企業が、コロナによる経済的な影響により破産宣告をしたことはニュースで報道されているので、皆さんも知っておられるのではないでしょうか?

観光業を主な産業としているハワイ州の現状としても、今回のコロナの影響で経済的なダメージが強く、失業率もアメリカで最も高くなり、20%を超えています

ハワイ州の破産裁判所が発表した最新データでは、ハワイ州内での破産申請件数が急増していることのこと。最新データーでは、、6月の1カ月間に行われた破産申請件数は151件。破産申請を行ったのは、失業したり減給になったことが原因という個人がほとんどで、今後、来年にかけて経済の鈍化によって企業の破産申請数も増加すると予想されています。

飲食業界への影響も強く、6月5日からレストランのダイニングで飲食の提供ができるようになったものの、そこまで持ちこたえることが出来ずにいくつかの飲食店が閉店しました。有名なトップオブワイキキやLIKELIKEドライブインも閉店に追い込まれました😭

このまま、ハワイに州において、観光業が再開されないと、今の厳しい現状が続くことが予想されています。

ハワイに行ける? ハワイへの渡航再開に関しての条件とは

発表によると、9月よりハワイ州への渡航前にコロナウィルス感染の検査をして、陰性の証明が出来た場合にのみ、現在行われている「14日間の自己隔離義務」が免除されるとのことでしたが、これは、米国内のハワイ州以外の州からのハワイへの渡航時に関するものです。

米国のあらゆる場所にある「HMSA」「 Walgreens」「CVS」などで検査を受けた陰性証明を提示することが条件となっています。

日本ではこれらのお店はありません。

基本的に「Out of State/州外」は米国内の他の州という認識ということなので、ここではアメリカ以外の国は含まれないとのこと

アメリカからの渡航者でも、検査結果の証明が出来なかった場合は引き続き課せられます。

現時点では「14日間の自己隔離義務」は8月末まで行われることが決定しています。

また事前のテストで陰性が証明された書類の提出の他、空港での検温(38度以上熱は入国不可)や旅行フォームへの記入なども義務化されています。

知事はまた、日本や韓国のような感染率の低い他の国々との旅行バブルの手配にも取り組んでいると語っています。

まずは、米国内からハワイ州への人の動きや感染拡大の懸念などを払拭し、その後、エリアを拡大していく模様です。

2020年9月、10月のハワイ旅行をキャンセルした理由

ハワイの渡航条件は、前述したとおり、まずは米国者に対しての処置です。
なので、現段階では、日本人が「14日間の自己隔離義務」解除されることは、当分先のようです。

それ以外にも、今回の9月のハワイ旅行をキャンセルした理由は、ANAのチケットキャンセル料金無料が、9月末日まで延期されていたことも大きいです。

しかも、現在日本では、帰国者の場合、空港から自宅まで公共の交通機関を使わないように要請しています。私の場合、関西在住ですが、関西から成田まで車で行き、その後2週間の自宅待機の条件では、やはり諦めざるをえないのが、現状です😭

今回のチケットも、ANAの特約航空券(マイル)で申し込みをしていたので、キャンセルは電話が必要でした。4月のキャンセルの際には、何度かけてもつながらず、つながったのは深夜の12時以降でしたが、今回は夕方にすんなりとつながりました😲

確認すると、コロナが理由であれば、キャンセルに関する手数料はかからないとのこと。
一部クレジットで払った費用は、手続きに1〜2ヶ月かかるとのことですが、確認のメールが送られてくるとのことでした。

  • 現段階で、ハワイ州から外国人受け入れに対し「14日間の自己隔離義務」は継続
  • ANAでは、ハワイ路線は9月30日までキャンセルフィー無料の対象
  • 空港からは、基本公共の交通機関を使わないように要請
  • 帰国後も、2週間の自主隔離の要請

いろいろな、条件を考えると、9月、10月の予定はキャンセルをした方がいいなと判断しました。

まとめ

日本では、緊急事態宣言解除後、またGo To キャンペーンで徐々に日本国内で感染者が増えています。それでも、経済活動を優先するという、政府の方針は変わらないようです。

感染者の少ないアジア諸国を対象に、入国の受け入れを開始すると言われていますが、その状況を見て、感染者の少ないハワイやオーストラリアの受け入れも行う方向ではないかと言われています。

海外の情報も気になりますが、出国前の日本の検査体制や帰国後の日本での対応もとても気になります。両方の体制が整わないと、ハワイ旅行は現実的でないかもしれません。

どちらにしても、日本の感染者が少ないことが、海外の国にとっても受け入れるか否かの判断になってくると考えられるので、今できることは、日本国内で感染が広がらないように、各自が気をつけることかなと思っています。

今の段階では、懲りずに12月にハワイ旅行を予定しました。これでまた、モチベーションキープ❤️

元気にハワイに行けるように、今は自分も仕事を頑張りながら、気をつけます!

 

タイトルとURLをコピーしました