海外旅行の必需品 モバイルバッテリー(充電器)の機内持ち込みについて

ハワイ旅じたく

 

 

ALOHA♥

海外旅行に行くときの必需品といえば、モバイルバッテリーですよね。
スマートフォンやタブレットの普及から必ず必要になってきますよね。

あきこも、欠かさず持参するモバイルバッテリー。

モバイルバッテリーは海外旅行に持って行きたいけど、一体どんなモバイルバッテリーを用意すれば良いのか全然分からない

そんなあなたのために、年に数回海外旅行に行っている経験を踏まえ、海外旅行に持っていくモバイルバッテリーの注意点と、モバイルバッテリーの分かりやすい選び方をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

モバイルバッテリーや電池の持ち込みに制限がかかる理由

モバイルバッテリーに使われているリチウムイオン電池やリチウム電池は危険物に分類されています。

飛行中の揺れや離着陸による衝撃などで発火したり爆発したりする危険性があるため、機内への持ち込みが制限されています。

国際民間航空機関では2016年4月1日からリチウムイオン電池バッテリーの預け入れによる輸送を禁止すると発表しています。( UPS航空6便墜落事故/貨物機がモバイルバッテリーの火災により墜落した事故。それをきっかけにバッテリーの輸送に関する規制が強化された )

現在のところ、機内への預け入れ(受託手荷物)はできませんが手荷物として条件付きで持ち込むことができますので、ご安心ください。

 

航空会社によって違うモバイルバッテリーの持ち込み制限

モバイルバッテリーは、各航空会社や国際民間航空機関が定めた規定により預け荷物(受託手荷物)に入れることはできません

そのため、モバイルバッテリーを旅行に持っていく際には必ず、手荷物として持ち込む必要があります。

その際に気を付けなければならないのが、バッテリーの容量です。

例えば日本の大手航空会社では、モバイルバッテリー1個あたり100Whまでであれば個数制限なし、100Wh以上160Wh以下のものであれば2個まで手荷物として持ち込むことができます。

世界的に見ても、100Wh以下であれば持ち込み可としている航空会社が多いようです。
ただ、詳細な条件は航空会社によって異なる場合がありますので、必ずご利用される航空会社の規定を事前にご確認ください。

日本での利用が多い航空会社の機内持ち込み利用についてまとめてみました。

航空会社 50Wh以下 100Wh以下 100-160Wh以下 160Wh以上
ANA 制限なし 制限なし 2個まで 持込不可
JAL 制限なし 制限なし 2個まで 持込不可
エアーアジア 制限なし 制限なし 2個まで 持込不可
スクート 20個まで 制限なし 2個まで 持込不可

 

100Whって何mAh?

モバイルバッテリーの製品では、「10000mAh」というように「mAh」という単位でバッテリー容量が記載されています。

でも、航空会社のウェブサイト等では「Wh」という単位が使用されており、❓となっちゃいました。

なので、簡単に「Wh」への変換ついて説明しておきますね。
この単位の変換は簡単で、計算式は以下のようになります。

Wh = V (電圧) × mAh (バッテリー容量) ÷ 1000

まず、V(電圧)はリチウムイオン電池であれば3.7V。
バッテリー容量の「mAh」は「Ah」へ変換する必要があるので、「mAh」を1000で割ります。

例えば、Ankerで大人気のAnker PowerCore 10000は10000mAhのバッテリー容量を搭載しているので、計算式は以下のようになります。

Wh = 3.7V × 10000mAh ÷ 1000 = 37Wh

Anker PowerCore 10000は37Whのため、機内への持ち込み制限が100Wh以下の航空会社であれば持ち込みが可能というわけです。

 

リチウム電池とリチウムイオン電池は違うの?

各航空会社の機内持ち込み・預け荷物(受託手荷物)の注意事項には、リチウムイオン電池以外にリチウム電池に関する記載があります。

名前が似ているので迷われる方多いのでは?

モバイルバッテリーで使われているのはリチウムイオン電池です。

リチウム電池は使い切りタイプの一次電池を指します。モバイルバッテリーの持ち込み基準を調べる際は、リチウムイオン電池の基準を確認するようにしてくださいね。

 

海外旅行におススメのモバイルバッテリー

ここでは、あきこも使用しているおススメのモバイルバッテリーと、モバイルバッテリーを選ぶときの基準についてご紹介します。

旅先では身軽に動きたいもの。
モバイルバッテリー一つにしても、できるだけコンパクトなものがいいですよね。

  1. 持ち運べる大きさ・重さで選ぶ
  2. デザインで選ぶ
  3. 充電デバイス(機器)によってバッテリー容量を選ぶ
  4. USBポートの数で選ぶ
  5. 出力A(アンペア)、急速充電対応で選ぶ
  6. 充電式か乾電池式で選ぶ
  7. 無接点対応の充電器か否か

バッテリーの容量別(mAh)充電可能な回数の目安

バッテリーは予め容量が決まっていて、Xperia XZ2 なら3,060mAhmAh、iPhone 7なら1,960mAh、iPhone8なら1,821mAhと機種によって様々です。

バッテリーの状態などで多少の違いはありますが、モバイルバッテリーに表示されている数字の80%以下(モバイルバッテリーが5,000mAhなら4000mAh以下のスマホ)が一回フル充電できるという目安になります。

  • 2,500mAh:約1回
  • 5,000mAh:約2回
  • 10,000mAh:約4回

おススメはANKER(アンカー)の「Power Core 10000」

あきこおススメはANKER(アンカー)の「Power Core 10000」
コンパクトで軽量なのに10000mAhの大容量と使い勝手は抜群だけど、価格も3000円ほどとお手頃です。

 

Amazon

楽天

 

 

アメリカ、ヨーロッパ、日本で高い評価を勝ち得ている人気メーカー『Anker』は、パナソニック社製のバッテリーを使用していることもあり、信用できるメーカーです。

色んなモバイルバッテリーがあり悩んでしまいますが、悩んだときにはAnkerの製品がおススメです。

 

まとめ

旅先で、スマートフォンのバッテリーが減って心配することが多くなった私は、数年前にモバイルバッテリーを購入。

私もモバイルバッテリーは、色々購入するときに悩んみました。
機械系に疎い私は、リチウムイオン電池とかリチウム電池とか、よくわからず。

最終的に、ANKER(アンカー)の「Power Core 10000」を購入して旅先でもバッテリー残量を気にすることなく快適な旅行を楽しんでします。

是非参考にして、快適な旅を送ってくださいね♥

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました