エスタ(ESTA)申請 その金額であってます?自分でも簡単にできる方法をご紹介

ハワイ旅じたく
スポンサーリンク

ESTA:Electoronic System for Travel Authorization(エスタ)とは、「電子渡航認証システム」のことです。
ハワイやグアム、アメリカにビザ無しで90日以内の旅行の際に必ず必要です

個人で旅行をする人は、自分で行うことも可能です。
自分で行う場合は、$14で申請が可能なのですが、代理店など公式サイトに多数あり高額な手数料を取られる場合もあります。

友人が高額な偽サイトで被害にあいかけたので、今回はESTAについて、スマートフォンから申請できる方法について説明していきますね。

必要なものは、パスポートとお支払い時のクレジットです!
簡単にできるので、自分でやってみましょう!

スポンサーリンク

ESTA公式サイトに似せた偽サイトに注意

先日も、友人がESTAの申請を行おうとした際に、$99と高額な請求があり、慌てて私に確認してきました。

幸い彼女は、私に確認してきたこともあり、このような高額な費用を払うこともなかったのですが、$99とは異常に高い!!

このように申請代行サイトはかなり高い(5,000円~8,500円)費用を請求してきます。
ESTAにかかる費用は、$14です!!
これ以上の金額を請求された場合は、偽サイトの可能性が高いです

偽サイトの見分け方
  • 本物のESTAの公式サイトのURLはhttps://esta.cbp.dhs.gov/esta/で、手数料は$14.00ドル(約1,400円)しかかかりません。
  • 米国政府が運営しているサイトのURLはすべて「https://」から次の「/」までの間に「.gov」という文字があります。→.govとは – IT用語辞典

ESTAの申請の手順

  1. ESTAの公式サイトを開く
  2. 日本語での表示に変更
  3. 免責事項の同意
  4. 申請者情報の入力
  5. 渡航情報の入力
  6. 適格性に関する質問の回答
  7. 申請内容の確認
  8. 支払い(費用14ドル/クレジットカードでの支払い)
  9. 申請の申込が完了

 

必要なもの

  • パスポート
  • クレジットカード
  • 旅行先の宿泊ホテルの連絡先等のメモ

 

ESTAオンライン申請サイトを開く

ESTAオンラインの公式申請サイトはこちら(14ドル=約1,400円)

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/

パソコン、スマートフォン、どちらからでも申請可能です。

日本語に設定して、免責事項に同意

まずは、日本語の設定にします。

そうすると、全て日本語の表記に切り替わります。
これで、安心して始められますね。

新規の申請ボタンをクイックすると、個人の申請かグループの申請かを選ぶことができます。
ここでは、個人の申請について説明していきますので、個人の申請ボタンをクイックします。

「グループによる申請」を選んだ場合は、複数人分まとめて申請できますよ。

 

 

セキュリティに関する通告が出てきたら、確認&続行をクリック。

 

 

免債事項表示されたら、「はい」にチェックを入れて次に進みます。

 

 

申請者情報の入力

申請者情報を入力します。
ここからは全て英語で書いてくださいね。

基本的には、パスポートと同じように書けば問題ありません
赤い縁で囲んだところの様に、赤米印は必須です。
それ以外の部分は、特に記入しなしくても問題ありません。

 

ややこしいのは、住所の記載の所かな?と思います。
基本的にはアメリカは反対側から住所を書きます。

例えば、滋賀県大津市若葉1-14-8-201号室なら、下のような感じですね。

次にややこしいなと思うのは、電話番号
携帯でも自宅の電話番号でも、大丈夫です。

まずは、国番号を選んでください。

その後に、番号を入力します。
携帯の場合は、09012345678の場合、はじめの0を抜いて入力します。

 

勤務先情報も聞かれますが、最初の必須項目さえ選べば、赤字で囲んだグレーの部分は特に記入しなくても大丈夫です。

 

渡航情報の入力

渡航情報では、乗り継ぎのない場合は、「いいえ」にチェックを入れてください。
ハワイに行く場合は、「いいえ」にチェックしてくださいね

グレー部分は書かなくても大丈夫ですが、私の場合は念のため宿泊先のホテルの連絡先を書いています。

米国内および米国以外の緊急連絡先情報についてですが、信頼できる自分以外の連絡先を書いておきましょう。親族が無難です。

適格性についての質問

基本全部読んでから回答してください。

要約すると「アメリカに来て悪いことしようとはしてないよね?」という質問なので、普通の人なら、全部いいえです

最後に、申請内容に関する証明の所にチェックを入れて次に進みます。

本人が申請を行っている場合は、「申請内容に関する証明」のみチェックボックスにチェックを入れてください。本人以外の代理の方が行っている場合には「第三者による代理申請の場合に限定」にもチェックを入れてください。

申請内容の確認

全ての申請内容を確認して問題がなければ、最後にもう一度パスポート番号を入力します。

支払い

申請状況が表示されています。
今すぐ支払うボタンをクイックし、お金を払いましょう。

必ずUS $14.00(=約1,400円)になっていることを確認してください。

申請番号は念のため、メモを取ることをおススメします

お支払いに進んだら、クレジットカード情報を入力します。
こちらも英語で記入してください。
基本的に、申請者情報入力で使った住所を使ってください。

 

申請完了

申請が順調にできたら、入力したメールアドレスに確認のメールが届きます。
黄色で囲んだところに、申請番号があります。

念のため、ESTAの公式サイトに戻って申請ができているか確認しましょう。
ESTAの公式画面のトップに、「既存の申請内容の確認」のボタンがあるので、そこから確認することができます。

 

有効期限は2年間

一度申請したら2年間は有効です。
ただし、パスポートの期限が切れた時点で無効になるので注意してください。

パスポートの更新を行ったら、ESTAの期限内でも再度申請をしてください。

渡米の1週間前までには、登録を済ませておきましょう
あきこの場合は、遅くても1か月前には申請を終わらせておきます。

また、滞在している場合に有効期限が切れそうな場合にも申請をし直しておきましょう。

 

まとめ

ESTAの登録は、個人でも簡単に行うことができます。
でも、ESTAで検索するといろんなサイトが出てくるので、間違えないように、公式サイトから申請しましょうね。

$14以上の支払いがある場合は、公式サイトではないので間違えないでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました