初めてのハワイ旅行でのスーツケースのおススメ、大きさは?

ハワイ旅じたく
スポンサーリンク

Aloha🌴

ハワイへの旅行が、はじめての海外旅行という方も多いはず。
いろんな事を心配したり、悩んだりすると思うですが、ハワイ便で預け入れ荷物にするスーツケースのサイズ重さは何キロまでならOK?

という、疑問は必ずあると思います。

そこで、今回は、スーツケースを選ぶ際の注意点や大きさ、おススメのスーツケースについてご紹介します。

スポンサーリンク

基本 機内に預けるスーツケースの大きさ・重量・個数

航空会社やその利用クラスによって無料で預け入れできる許容量は異なります。
その許容量をオーバーした場合には超過料金がかかります。

預け入れ手荷物のサイズについては、一般的なスーツケースの場合は目視で厳密ではないようですが、重さについてはかなり厳密なので注意しましょう。

実際、空港でのチェックインの際に重さをはかりますので、事前に測るようにしておきましょう。

国際線の受託手荷物について

✈航空会社 利用クラス 個数 重量 3辺の合計
日本航空(JAL) F・B 32㎏ 203㎝以内
PY・Y 23㎏ 203㎝以内
全日空(ANA) F 32㎏ 158㎝以内
B 32㎏ 158㎝以内
PY・Y 23㎏ 158㎝以内
ハワイアン航空
デルタ航空
B 32㎏ 157㎝以内
Y 23㎏ 157㎝以内

Y:エコノミークラス PY:プレミアムエコノミー B:ビジネスクラス F:ファーストクラス 2018年11月現在

スーツケースの選び方

上記の一覧でもわかるように、機内に預けるスーツケース(受託手荷物)の大きさは、航空会社によって差があります。

なので、基本的にはどの航空会社にでも対応できるサイズを選ぶことをおススメします。
アジアの航空会社もハワイ便に関しては、日本の航空会社と同じ基準のものが多いです。

大まかには、Mサイズ(68mL)からLサイズ(94mL)のものをおすすめします。

大きさとしては、縦、横、奥行きの合計が157cmを超えないように注意しましょう。

アメリカ系の航空会社などはルールに厳しいので、どの航空会社に乗っても使えるよう、合計157cm以内のスーツケースを購入するようにしましょう。

更には、重量の軽いものを選びましょう。

理由は、帰りの荷物は、必ず 重くなります!!

仕事や海外に頻繁訪れる人以外は、特にハワイでは、今度いつ来れるか、わからない、
会社の同僚や部下にお土産 などなど、帰りの荷物が膨れ上がることが予想されるため、
なるべくスーツケースは軽いものが、おススメです。

エコノミークラスの場合は、あっという間に23㎏まで達しちゃいます。

TSA ロックとは?

本来、空港でスーツケースを預ける場合、ちゃんと鍵を掛けてから預けられれば安心ですよね。

しかし、9.11テロ事件からアメリカの空港のセキュリティは非常に厳しくなっています

アメリカの空港では、米航空省運輸保安局が、危険物らしきものを見つけた場合、
スーツケースを開けることがあるので、鍵を掛けないでください。

と呼びかけています。

しかし、盗難などの不安から、空港利用者は鍵をかけて預けたいですよね?
そこで、米航空省運輸保安局(Transportation Security Administration)は、「TSAロック」を開発しました。

運輸保安庁のスタッフだけが、TSAロックの特別なマスターキーを持ってるため、TSAロックであれば鍵を閉めても大丈夫となった訳です。

これで、安心かと思いきや、現在では、新聞にTSAロックの画像がアップされ、3Dプリンターで複製したものがネット上にリークされたため、TSAロックの信用が一気に無くなってしまったのです( ノД`)シクシク…

結果、TSAロックでも鍵をしないでください

と、呼びかけられています。

勿論、ハワイもアメリカの空港になりますから同じです。

アメリカ旅行の際に、セキュリティ面で安全性があったTSAロックですが、どの空港を利用しても、帰国の際には鍵をかけないことを呼び掛けていますので、これからスーツケーを購入される方にとっては、TSAロックの重要性はあまり意味がないと思います。

なので、貴重品や絶対に取られたくないものは、機内に持ち込むのが一番いいと思います。

スーツケースに入れて、預けられないもの

スーツケースに入れて、預けられないものもありますので、しっかり把握しておきましょう。

パソコンなどの電子機器や貴重品

貴重品に該当する現金やカード、時計、宝石、パソコン・タブレットは「お預かりできないもの」と判断され、機内持ち込みになります。

モバイルバッテリー

スマートフォンのモバイルバッテリーで、リチウム系の電池(Li-ion)は預け入れできませんので、機内持ち込みになります。

ライター

喫煙用で小型のものは1人1つまで機内に持ち込みができます。
オイルタンク式ライター、葉巻用ライター、ピストル型ライターは、機内への持ち込みも、預入手荷物にも出来ません。

飛行機に持ち込めないもの

爆発の恐れ、燃えやすいもの、有毒物質などの危険物は、機内持ち込みも、預け入れ手荷物も禁止されています。

詳しくは、政府広報オンライン で確認を。

 

実際に使っているのは、Samsonite Cosmolite 94mL

実際に私が使っているのは、Samsonite Cosmoliteの94mLです。

写真の大きい方のスーツケースで、ハワイに行くときは、ほぼこのサイズです。
アルミのワンサイズ小さいものは、LEGEND WALKER 65mL になります。

いつもハワイに行くときは、空港まで車で行くのですが、仕事の後にハワイに行くことがあり、電車で空港まで。

その際に、一度LEGEND WALKER 65mLを持って行ったことがあります。

移動は、小さいサイズなので楽でした。

しかし、買い物しすぎた~。。。
いつものペースでお買い物をしてしまい、結局現地でかなり大きいサブバックを購入する羽目に。

なので、ハワイはやっぱり94mLの大きいものがおススメです。

Samsonite Cosmoliteは設計や素材の選定段階から、極限まで軽さを追及し開発された商品になります。2016年にSamsonite Cosmolite 3.0としてモデルが変わっています。

こちらのお店が保証や価格で満足が行くお店でした。
☛ 【1年保証】サムソナイト Samsonite スーツケース 94L 軽量 コスモライト3.0 スピナー 75cm 73351 COSMOLITE 3.0 SPINNER 75/28 キャリーバッグ

一般的にRIMOWAが有名ですが、私は、価格的な面や使い心地は、Samsonite Cosmoliteで、十分満足です。

この、94mLのサイズは、上記に一覧で載せている各航空会社でも実際にハワイに行く際に使用してますので、機内預かりも問題ありません。

ただ、サイズが大きいので、荷物の入れすぎに注意してください。
私はいつもサブバックを持参して、帰国の際には重たい荷物はすべてそちらに入れています。

ベルトの意味

アメリカの空港にスーツケースを預けると、爆破物や危険物が入っていないかどうか、機械でチェックを行います。

そこで怪しいものがあるとピックアップして、鍵が掛かっていても、中身をチェックするのです。

特に怪しくなくても、無造作にピックアップされることもあります。

私も実際に何度か、”チェックしましたよ”的な用紙が入っていました。
(これは無視していいです)
鍵はかけていませんので、鍵を破壊されることはありませんでしたが、鍵がかかっている場合は、鍵を壊されて中身を確認されることもあります。

そんな時に、パカッと空いてスーツケースの中身が出てしまうことがあります。
スーツケースにベルトを付けておくと、その被害は免れる可能性が高いです。

しかし、スーツベルトをつけるのは ,日本人旅行者であることが多いので、ターゲットにされる可能性も。

なので、私自身は一度もベルトは使用していません。

ベルトを着けるメリットとしては、

  • ベルトを付けると目印となって、自分のスーツケースを見つけやすい
  • 万が一、鍵が壊れた場合に中身が出ることを防げる

という点だと思います。
ベルトを使用されるかどうかは、個人の判断に委ねられますね。

便利グッズ

あると便利なのが、バックとめるベルト プラス

スーツケースにサブバックを固定するものです。

以前は、スーツケースに引っ掛けられるサブバックを購入したのですが、安いものだと1回の使用で壊れました。。。残念( ノД`)シクシク…
他の人が使っていてよさそうだったので、探してみると同じ価格帯で、固定バンドなるものを発見。
価格は、1000円ほどです。

これは、何度も使用していますが、今のところ壊れていません。

バッグとめるベルト プラス 旅行 便利グッズ 荷物固定 ( スーツケースベルト キャリーバッグベルト スーツケースバンド バンド 旅行バッグ 旅行かばん 旅行アイテム 海外旅行 )【5000円以上送料無料】

そして、トラベルスケールです。

50kgまでの荷物を測定できます。

空港で手荷物を預けるときなどに、手荷物の重量を手軽に計測できます。

こちらも、1000円程の価格です。
なくてもいいものかもしれませんが、私的には、価格以上のいい働きをしてくれると思っています。

50kgまでの荷物を測定 トラベルスケール03 吊り下げ式 フック式 軽量 はかり【YDKG-kd】【smtb-KD】[定形外郵便、送料無料、代引不可]

これからは、スーツケースはレンタルする時代?

これからスーツケースの購入を検討されている方は、「レンタル」という方法もあるのをご存知ですか?

海外旅行へ行く回数が年に1回程度ならば、購入するよりもレンタルの方がお得です。
後は、レンタルして「リモワ」や「サムソナイト」 といった高級スーツケースを試してから、自分用に気に入ったものを購入するということもできますね。

私の場合は、何度もハワイに行くので、購入していますが、今後いつ行くかわからない、購入価格が高いと思っているあなたには、レンタルという方法もいいですね。

一緒にハワイに行った友人は、もっぱらレンタルしているとのことで、ハワイ旅行もレンタルしたスーツケースできていました。いわれるまでわからなかったのですが、いつも利用しているサイトを教えてもらったのでご紹介しておきますね。

☛ 「スーツケース買うのはちょっと…」という方はこちら

タイトルとURLをコピーしました