新型コロナウイルス ハワイにはいつ行けるのか?最新情報をチェック!

ハワイ旅じたく
スポンサーリンク

Aloha🌈

3月にハワイ州知事からホノルルへの渡航自粛要請から、ロックダウン
3月26日からは、渡航者は原則14日間の宿泊先待機など、先が見えない新型コロナウイルスとの戦いです。

4月にハワイ行きを予定していたアキコは、ハワイ行けるのか、本当に行っていいいのか、行った後日本に帰国してから隔離されるるのか、日々変わる情報に追われてました。

結果、4月、5月のハワイ行きは断念したのですが、色々情報を調べる中で、正確な最新の情報が得られる外務省のサービスである「たびレジや、キャンセル保険についても知ることができたので、皆さんにご紹介していきます。

現在、ハワイ自体は、4月末日までがロックダウンとなっていますが、4月3日0時より日本では日本人を含む、すべての入国者に対して、自宅やホテルなどでの指定された場所での14日間の待機に加え、公共交通機関の利用自粛も要請する形になりました。

 

スポンサーリンク

4月、5月のハワイ旅行キャンセルの経緯

アキコも、4月のハワイ旅行を予定していたのですが、3月の中旬まで行けるのかどうかわからない日々が続きました。

最初に不安に思い出したのは、ANAからのメール。
3月2日に4月15日に予約していた便が、羽田から成田に変更になったとメールが来ました。

この時点では、フライトの変更だけで、キャンセルフィーなどについては、ハワイ便に関しては触れられていませんでした。

色んなサイトをチェックしたり、ハワイの友人に現地の状況を聞いたりと情報収集の日々。
そんな中、一番初めにキャンセルフィーが無料になったのは宿泊先のホテルです。

今回は、ヒルトンハワイアンビレッジに宿泊する予定でしたが、4月中旬までの宿泊予定者に対してのキャンセルフィーなしのお知らせが…。そして、ANAでとったチケットが、羽田から成田に変更になった2週間後に(4月に入り)、成田便の運休のお知らせが来たのです。

このころは、まだ5月に行ける可能性を信じて、5月にフライトを取り直し、ホテルも変更しました。

4月5日、ヒルトンハワイアンビレッジでは、キャンセルフィー無料が5月末日まで変更され、知り合いのヒルトンのスタッフからは、彼女自身は3か月間の休業に入るという連絡がありました 😥

さすがに、5月のハワイ旅行も諦めました。

現在、ANAの予約、マイレージでとったチケットでの、マイレージはまだ返還されていません。
電話もつながらないのですが、マイレージを使用した痕跡があるため、後から返還してもらえるだろうと焦らずに待っている状態です。

一度だけ、ANAの電話につながったのですが、対象期間中は、事前にフライトのキャンセルができなくても、1年以内に申告すれば、キャンセルや使用したお金などに対応するというアナウンスがありました。HPにも下記の記載がありました。

新型コロナウィルス感染拡大に伴う国際航空券の特別対応について
”対象航空券をお持ちのお客様は、手数料無しで払い戻しが可能です。
詳細については有償航空券または、特典航空券をご確認ください。
旅行開始日(開始していない場合発行日)から1年と30日以内のご連絡により払い戻しを承ります。” ANA 公式HPから引用

特典航空券の払い戻しや日程変更について 2020年4月8日現在

3月に羽田からホノルル行きが運休、その後成田からホノルル行きの便になったものの運休。
暫くHPで経過を見ていたのですが、マイレージで購入したので、ネットからはどうすることも出来なかったので、メールで3月に問い合わせをしました。

返事が来たのは、約2週間後。結果、やはり窓口に電話しないとどうにもならないということが判明し、昨日再度電話にトライ!

夜の12時過ぎにかけたのですが、オペレーターにつながるまでに10分経過。
それでも、一度の電話でアナウンスが聞こえてきたので、可能性に欠けて待つこと20分。

漸く、ヒトの声が🌟

予約の運休などでどうしていいかわからなかったので、電話でオペレーターにつながった時はとても嬉しかったです💕

  1. 今回、アキコが確認したかったこと

    1.運休になった便のマイレージはどうなるのか
    2.5月にホノルル-成田間のチケットの対応
    3.国際線に合わせてとった、日本便の対応

運休になった便のマイレージに関して

運休分は、今回中止の対応で、前額戻ってくるとのこと。
ただ、自分のサイトに反映されるのは、2-4週間後にメールが来てから、とそれ以外にかかった費用に関しておクレジット返済はさらに1か月かかるのことでした。

ANA 特典航空券の5月のハワイ便の変更

此方は、払い戻しか、予約の変更にするのか。
悩んだのですが、9月以降にチケットを変更してもらいました。

ANA公式HPより

航空券の払い戻し(特別対応)
対象航空券をお持ちのお客様は、手数料無しで払い戻しが可能です。
詳細については有償航空券または、特典航空券をご確認ください。旅行開始日(開始していない場合発行日)から1年と30日以内のご連絡により払い戻しを承ります。

搭乗日の変更(特別対応)
対象航空券をお持ちのお客様は、2020年12月31日までの期間内で「1回のみ」搭乗日の変更が可能です。詳細については有償航空券または、特典航空券をご確認ください。

ANA 国際線の変更に伴う、日本間でのチケットに関して

此方に関しては、やはり国内線に電話してほしいとのことでした。現在、国内線の特別対応は4月末日までが殆どです(4月8日現在)。今変更やキャンセルをすると、手数料が発生します。

4月のフライトの変更や運休が出た際にも、しばらくしてから国内線の対応も発表されたので、今しばらく経過をみようかなと思っています。

 

最新の情報をチェックするなら、旅レジがおススメ

この状況下では、いつハワイに行けるのは不明。
また、行くのか、行かないのかの情報を情報を集めることが大切です。
新型コロナウイルスの状況は、日本も海外も日々変化していますの、最新の情報が必要になります。

信用できる情報源として、さらにハワイの情報を集めるのに有効なのは、外務省の海外安全情報です。

また、ハワイ州の新型コロナウィルスに関する最新情報は、ハワイ州観光局のポータルサイト「オールハワイ」のハワイ州観光局ニュースからチェックできます。

たびレジとは?

日本の外務省が運営している、海外における滞在先の安全情報や緊急情報などを受け取ることのできるサービスです。

事前登録が必要ですが、メール登録するだけで、最新の情報を知ることができます。

このサービスを利用するにはあらかじめハワイなどの渡航先と旅行の期間旅行中の連絡先(メールアドレス)を登録します。これだけで外務省の海外安全ホームページの更新をはじめ滞在先の安全情報や緊急情報などを、登録した日から帰国する日までメールで受け取ることができます。

このたびレジは旅行の予定が無くても、情報が欲しい地域とメールアドレスのみで登録できる「簡易登録」も可能で、旅行者と同じように緊急情報などをメールで受け取ることができます。

今回、アキコもたびレジで簡易登録を行いハワイの情報を収集することにしました。

たびレジの登録方法 スマートフォンから

まずは、旅レジのサイトを開きます。ご利用はこちらからをクリック。クリックしたら、必須事項を入力していきます。

  1. メールアドレス
  2. 区分
  3. 配信メール
  4. 配信期限
  5. 国・地域の選択

今回は、ハワイに行く予定が決まってないので、渡航予定がない方の、「利用者登録をせずに利用する」をクリックします。

続いて、必須事項を入力していきます。メールアドレスは、情報が登録したメールアドレスに届くので間違えないに様にしましょう。

配信期限に関しては、必要な情報を受け取る期間ですが、私の場合は「配信期限を指定しない」で登録しました。旅行の期限が決まっている人やめどが立っている人は、期限を決めてもいいでしょう。

つづいて、国・地域を選択します。

北米をクリックすると、ハワイが出てきます。こちらにチェックを入れます。

登録が完了すると、仮登録が登録したメールに届きます。この時点では、登録はまだ完了していませんので、ご注意ください。

 

登録したメールアドレスを確認すると、本登録の案内が届きます。24時間以内に本登録をする必要があるので、そのまま登録に進みます。

本登録が済むと、再度メールアドレスに確認メールが届きます。これで、登録完了です。

いざという時のためにキャンセル保険

新型コロナウィルス感染症の流行で、感染防止を理由に日本人や日本からの渡航者に対して隔離や入国禁止などの措置を取る動きが広がっています。

新型コロナウィルスが理由で、急遽渡航禁止になれば旅行をキャンセルするしかありませんが、予約を取り消す場合、キャンセル料が発生することも充分考えられます。

そのような事態に備えてキャンセル料や変更手数料が保険でおりる海外旅行保険のオプションをつけたり、旅行キャンセル保険を契約したりしておくのも一つの手です。

旅行会社によっては、キャンセルサポートという保険もあり、渡航中止勧告が出された場合でも保険金が100%支払われることもあります(渡航禁止勧告後や申込期限など保険に加入できないタイミングもあるので保険を付けるときには注意)。

まとめ

今回、4月にハワイに行く予定をしていましたが、新型コロナウイスルの影響でハワイ旅行を断念せざるをえませんでした。しかも、日に日に状況は変わり、旅行どころではなくなっています。

大好きなハワイに行けないのはとっても残念ですが、自分も感染を広げるかもしれないとか、大好きなハワイの人々に迷惑をかけないようにと、今は思っています。

日々情報は変わります
今回は、身に染みて実感しました。今回ご紹介した内容、是非今後のハワイ旅行の参考にしてください🎵

タイトルとURLをコピーしました